需要が高まる医療系のお仕事

少子高齢化が進む中で、これからは特に高齢者に対してのビジネスが大きな社会的ニーズを持つことが確実です。

となると、医療系のお仕事もこの先ますます需要が高まってきます。

つまり、転職するなら狙い目ですよ!ということですね。

「医療系」と聞くとなんだかハードルが高そうな感じもすると思います。

もちろん、資格がなければ就くことができない職種も多いので、医療系職種に転職したいからと言って誰でも簡単にそれが叶うというわけでもありません。


国家資格を取得する必要がある薬剤師

例えば、ドラッグストアなどにいる薬剤師。

一般の人からするとあまりたいした仕事をしていないイメージがあるかもしれませんが、あの仕事に就くには大学の専門学部で6年間も学び、薬剤師としての国家資格を取得する必要があります。

その資格を持っていない人が、「よし、転職しよう!」と思っても、すぐにはできないわけです。

もちろん、薬剤師の資格は取得したけれども別の仕事に就いていて、転職によってその資格が生かせるような場所(ドラッグストアや病院などの医療機関)に勤めようと考えるのであれば、それはとても素晴らしいこと。

ぜひ、目指してもらいたいものですね。


資格はないけど安定していそうな医療関係のお仕事

資格はないけど安定していそうな医療関係のお仕事に就きたい、そう考えている転職希望者にオススメしたいのが、医療事務や歯科助手のお仕事です。

これらは民間資格は存在しているものの、それを持っていなければその仕事に就くことができないといった国家資格はありません。

つまり、誰でもチャレンジできるお仕事となります。

民間資格を持っている方が確かに有利かもしれませんが、それがなくても採用してくれる医療機関も多々あります。

求人を見てみれば、これがよくわかるでしょう。

「未経験者歓迎」や「特別な資格は必要ありません」と応募資格に書かれているクリニックの求人も多く、ハードルがそこまで高くないことに気がつくはずです。

しかも、医療事務や歯科助手のお仕事は女性にとても人気のお仕事。

クリニックで勤めることが多くなるので、何よりも給与が高い。

安定している。

やりがいもあるし専門の知識も身につきます。

社会への貢献度も非常に高いですから、自信の持てるキャリアを築くことができるでしょう。


チャレンジする気持ちがあるかどうか

最初に言ったようにこれから需要が増えてくる業界なので、一度経験すれば、そこで積み上げたキャリアが実績となり、さらなる転職もしやすくなるはずです。

難しく考える必要はありません。

チャレンジする気持ちがあるかどうかです。

まずは求人をチェックするところから始めてみてはどうでしょうか。